2017年9月20日水曜日

食事系、デザート系たくさんそろったタルトランチ☆


8月のランチ会でお世話になった藤野嘉子先生から母娘リレーで、
9月は菓子研究家の藤野貴子先生が多彩なタルトとキッシュをランチ会で披露いただくことに。アシスタントとして嘉子先生もご参加!

ご用意いただいたのは「ヤサイのキッシュ」そして「タルトオニオン」の食事系と、「おいものタルト」「季節のフルーツ焼タルト」のデザート系の甘いタルト、そして特製キャベツスープと冷たいデザート・ブランマンジェ。
「ヤサイのキッシュ」はレンコンの食感とツナのうまみがしっかり詰まっていました。そして「おいものタルト」はサツマイモの下にしっとりとした生地とあんずが隠れていて、甘みと酸味、ザクザク感としっとり感が織り交ざって絶妙なおいしさ☆ 「季節のフルーツ焼タルト」は洋ナシが使われていて秋の訪れを感じさせてくれました。
最後には、珈琲の風味があるのに見た目には“白い(=ブラン)デザート、「白い珈琲のブランマンジェ」。
焼いたデザートから冷たいデザートへ、タルトもデザートも食感を変えたりして、お客さんを楽しませ続ける貴子先生のステキな感性と考えられた構成に感動しました!

「引き算」のお菓子作りで、親しみやすい味、わかりやすい作り方で、本場のフランス菓子を教えている貴子さん。その理論と同様に、シンプルでも、ストレートにおいしさが伝わってきました。みなさん貴子先生のお菓子教室にも興味津々☆

おいしさと楽しさとデザートいっぱいで幸せなひとときとなりました!
貴子先生、ありがとうございました☆

気になるメニューはこちら

〇キャベツスープ
〇ヤサイのキッシュ
〇タルトオニオン
〇おいものタルト
〇季節のフルーツ焼タルト
〇白い珈琲のブランマンジェ

Photo by Takeshi Fukuhara

<藤野貴子さんプロフィール>
菓子研究科。父はフレンチシェフの藤野賢治、母は料理研究家の藤野嘉子という料理人一家で育つ。「お菓子は途中で味見はできないけど、完成を想像する楽しみがある」ことからお菓子の道へ。パリで修行した経験をもとに、本場のフランス菓子を伝えるお菓子教室を主催する。
「カストール&ラボラトリー」HP ⇒ http://www.2castor.com/index.html

2017年8月29日火曜日

覚えておきたい家庭の味「昭和のおかず」でランチ会


8月はベテラン料理研究家の藤野嘉子さん☆

共働きで外食中心の若者が多いという昨今、いつでも戻れるように「家庭の味」を覚えておいてほしいという想いで、「昭和のおかず」をテーマに、次世代に伝えたい家庭料理をご用意いただきました。
準備にはベテランスタイリストの丸山勝代さんと、藤野先生の娘さんでお菓子研究科の藤野貴子さんも参加。親子で仲良く、楽しそうにお料理はスタート。

ご準備いただいたのは、茄子となまり節の煮物、卵をふんだんに使ったフワフワの甘い玉子焼き、麹を通常の2倍使っているという、お味噌の旨味とさつま芋の甘みがたっぷりのお味噌汁、小アジの南蛮漬けなど、全部で9品。
油分はほとんどなく、素材のおいしさを実感しながら、ほっこりとさせてくれる懐かしい味でしっかりとお腹いっぱいに。

なまり節とは、鰹節よりも鰹の水分を残し、削って使っても切って煮物に加えてもいい食材でお出汁にもおかずにもなる優れもの。食材ひとつひとつ丁寧にご説明いただき、作り方なども皆さんの質問に熱心にお答えくださいました。

先生から最後に、フレーズランチ会について「多くの方々に自分の料理を味わっていただけるとても貴重な場。こうして自分の料理を披露したいと思っている若い料理家さんはたくさんいるので、これからもぜひ続けてください!」と温かいメッセージもいただきました。

藤野先生の笑顔と心に残るお料理で、元気をもらったランチ会となりました!

次回920日は、母から娘へバトンタッチで、貴子さんが振る舞うことに! 
こちらも楽しみです~☆

気になるメニューはこちら
茄子となまり節の煮物
〇小アジの南蛮漬け
〇玉子焼き
〇たくあん、キュウリ、茗荷の東海寺あえ
〇さつま芋の味噌汁
〇削りなまり節と昆布の煮物
〇ねぎ味噌
〇ごはん
〇デザート 寒天


Photo by Takeshi Fukuhara

<藤野嘉子さんプロフィール>
料理研究家。学習院女子高等科卒業後、香川栄養専門学校製菓科入学。在学中から「キューピー3分クッキング」アシスタント、料理研究家助手を務める。和、洋、中簡単で栄養のバランスがいい、白いご飯に合うおかずが大好き。NHK「きょうの料理」や、雑誌、書籍を中心に活躍している。著書『楽シニアの作りおき がんばらなくていい!』(講談社)など多数。夫がシェフを務めるフレンチレストラン「カストール&ラボラトリー」のマダム。同店で定期的に料理教室を開催している。

「カストール&ラボラトリー」HP ⇒ http://www.2castor.com/index.html

2017年7月27日木曜日

3年目に突入! 人気上昇中の台湾グルメでランチ会



今回で3年目を迎えるランチ会。
フレーズのデザインスタッフ・宮代による発案のもと、初ランチ会や1周年記念のなど、いつも節目を飾ってくれる今井亮先生に3年目突入の記念ランチをご用意いただきました。

今回は、近年、海外旅行先としても注目されている台湾のグルメでランチ会。
甘辛い煮汁がご飯とよく合う、肉の煮込み料理「魯肉飯(ルーローファン)」や、都内でも専門店ができるなど話題のヘルシースイーツ「豆花(トウファ)」、台湾で人気の「牡蠣オムレツ」など、全部で8品。このランチ会で話題の台湾グルメが一度に味わえるとみなさん楽しみにご参加くださいました。
「糯米焼売」はセイロから白い湯気が噴き出す蒸したてをみなさんの目の前でご用意、「豆花」は澄まし粉を溶いて豆乳が固まっていく工程を披露くださいました! 料理好きのお客さんたちが熱心に質問したり、しっかり作り方をご覧になっていました。

ボリュームもデモンストレーションもバッチリで、フレーズランチ会3年目は元気にスタートを切ることができました。
今井先生、ありがとうございました~~!

気になるメニューはこちら
〇季節野菜のピクルス 
〇焼きトウモロコシ 沙茶醤風味
〇魚のつみれスープ
〇牡蠣オムレツ
〇糯米焼売
〇鶏腿肉の三杯煮
〇魯肉飯
〇豆花


Photo by Takeshi Fukuhara

<今井亮さんプロフィール>
1986年、京都生まれ。京都で70年以上続く名店「中華のサカイ」で5年間修業。祐成陽子クッキングアートセミナーでの勉強を経て、講師、雑誌、書籍のレシピ提案、テレビ番組のフードコーディネート、料理教室など幅広く活動中。近著『狭すぎキッチンでもサクサク作れる 超高速レシピ』(大和書房)。中華料理を得意とし、美味しく楽しいをモットーとしている。

2017年6月22日木曜日

東京スパイス番長!シャンカール・ノグチさん登場 インドカレーでランチ会!!


「東京カリ~番長」というユニット名で全国各地に出張カレー食堂を展開し、話題となった、本格スパイスの伝道師シャンカール・ノグチさんが私たちの熱望に応え、ランチ会に参上!
スパイスを知り尽くしているノグチさん。本場インドの様々なスパイスを用いて、バターチキンカレーと、ベジタブルカレーの2種をご用意してくださいました!

バターチキンカレーは辛さだけでなく地鶏のうまみが出た深みのある味。ベジタブルカレーは冬瓜、にんじん、いんげん、なすなどの野菜がたっぷり。ノグチさんがその場で揚げたパリパリと香ばしいパパドゥ、酸味と辛みのあるインドのピクルス・アチャール、そしてカレーの箸休めとして、昨年のランチ会でもお世話になった料理家・荒木典子さんがサラダとヨーグルトを用意してくれました。どちらのカレーも辛すぎず、香り豊かで皆さん、吸い寄せられるように何度もお替わり・笑。

「同じカレーは二度作らない」とオリジナルにこだわり、スパイスの調合から行うノグチさん。現在は「東京カリ~番長」は卒業され、「東京スパイス番長」でのユニット活動や、カレー将軍として独立した形で出張カレーやカレー教室など行っているそうです。

ぜひ、フレーズでもイベントをご一緒できればいいなと思っています☆

Photo by Takeshi Fukuhara

気になるメニューはこちら↓
〇バターチキンカレー
〇ベジタブルカレー
〇パパドゥ
〇ジャスミンライス&雑穀米
〇紫キャベツのサラダ
〇フルーツヨーグルト

<シャンカール・ノグチさんプロフィール>
東京出身。インド・パンジャブ地方出身の祖父が立ち上げた食品等を扱う貿易会社、インドアメリカン貿易商会の3代目代表。自身が精力的にカレー作りを務めた出張カレーユニット「東京カリ~番長」がテレビ番組や各メディアで取り上げられるなど、人気を博す。現在、貿易商の傍ら、カレーやスパイスを広めるイベントなど積極的に行う。スパイスセットを定期発送する「AIR SPICE」にもスパイスを提供。著書『スパイス選びから始める インドカレー名店のこだわりレシピ』『ハーブ&スパイス事典 世界で使われる256種』(共に誠文堂新光社)など。
オンラインショップhttp://www.spinfoods.net/

AIR SPICE」⇒https://airspice.stores.jp/

2017年5月12日金曜日

野菜たっぷり、ベトナムの家庭料理でランチ会!


今回は、京都でベトナム・タイ料理教室を主宰されている高谷亜由さんがフレーズランチ会のために上京してくださり、「野菜たっぷりのベトナムおかず」をテーマに腕を振るってくださいました!

メニューは、「普段のベトナムおかず」ということで、野菜がたくさん食べられるおかず、肉や魚介も食べられるボリュームのある主菜、おかずにもなる具だくさんのスープ、そしてチキンカレー!「ジャスミンライスの上にいろいろのっけて味が混ざってもおいしくなるようなランチプレート」をご用意いただきました。
ちなみに献立メニューのかわいい手描きイラストは、高谷先生の直筆☆

ランチ会当日は気温も高く、ミント、パクチーの香りと一緒に食べる春雨や甘酸っぱいエビのスープがピッタリ。そして、チキンカレーは具がゴロゴロ入っていて、甘くまろやかなスープはずっと飲んでいたくなるほどのおいしさ(笑)。デザートには冷たい、ナタデココのチェーも振舞っていただきました!

フレーズと高谷先生とは2010年発売の『コンロひとつでひとりぶんごはん』(主婦の友社)以来のお付き合いですが、京都~東京でなかなかお会いできる機会がない中、ご連絡を取り合いながら、今回のランチ会が実現しました! こうして時間と距離が縮まるような瞬間がある、という素晴らしさに気づけたランチ会となりました。


Photo by Takeshi Fukuhara

気になるメニューはこちら
〇鶏肉と春キャベツの和えもの
〇ベトナム風春雨サラダ
〇揚げ春巻き
〇空心菜の炒めもの
〇ゆで卵のベトナムマリネ
〇揚げ魚のトマトソースがけ
〇ベトナムチキンカレー
〇えびの甘酸っぱいスープ
〇ジャスミンライス

〇バジルシードとナタデココのチェー


<高谷亜由さんプロフィール>
京都在住の料理研究家。ベトナム&タイ料理講師で「料理教室Nam Bo」を主宰する。毎年ベトナム・タイの各地を訪れ、それぞれの食文化に精通している。料理はジャンルを問わず、肩の力の抜けた料理レシピを提案。書籍、雑誌を中心に活躍している。著書『終電ごはん』シリーズ(幻冬舎)、『一口コンロごはん』(主婦の友社)など多数。




2017年4月20日木曜日

大人が喜ぶ「大人のお子様ランチ」!

今回のランチ会は、『おいしすぎてほめられる!料理のきほんlesson』(新星出版社)の著者でもある料理家・阪下千恵先生に大人のお子様ランチ」をテーマに、昔お母さんが作ってくれたような懐かしの定番家庭料理を振る舞っていただきました。今回の企画は同著書のデザインを担当したフレーズスタッフ・宮代が阪下先生にラブコールを送って実現しました~。

メニューは大人も子供も大好きな洋食、ハンバーグ、エビフライ、ケチャップライス!!
さらにおいしいと前評判の高かった阪下先生特製・フルーツサンドも!
これらをまとめていただけるなんて、なんと幸せ…。
そのほか、春のグリーンサラダや、豆や根菜の入った優しい味のスープ、トマトとしらすのサラダなど、サイドメニューは野菜たっぷり。デザートにはライムシロップでいただく杏仁豆腐も!

エビフライは大き目のエビを使ってサックサクに、ケチャップライスもパラッと仕上がっていました。ハンバーグにハート形のスライスチーズを乗せたり、フルーツサンドにお花を散らしたり、阪下先生らしくキュートに、見た目でも楽しませてくれました☆

メニューの字面だけですでに興奮気味の私たちでしたが・笑、それを上回るおいしさとボリュームで私たちを満足させてくださいました~!

Photo by Takeshi Fukuhara

気になるメニューはこちら
〇ローズマリー風味のハンバーグ
〇エビフライ(ソース&タルタルソース)
〇春のグリーンサラダ
〇トマトとしらすの和風サラダ
〇フルーツサンドイッチ(いちご&ホイップカスタード)
〇ケチャップライスの卵のせ
〇野菜たっぷりスープ
〇杏仁豆腐のライムシロップ
〇黒糖ジンジャークッキー


<阪下千恵さんプロフィール>
料理研究家・栄養士。外食大手企業、無農薬・有機野菜・無添加食品の宅配会社などを経て独立。現在は企業販促用のレシピ開発、食育関連講習会、書籍、雑誌、テレビなど多方面で活躍。著書に『園児のかわいいお弁当』『何度も作りたくなるお持ちよりレシピ』(共に新星出版社)などがある。家庭的で作る人にも食べる人にもやさしい料理に定評がある。
公式ブログ⇒http://lineblog.me/chie/
HPhttp://chie-sakashita.com/index.html

2017年3月29日水曜日

福島の春の食材を使った、身体にやさしい家庭料理風ランチ

今回のランチ会は本田よう一さんに、本田さんの地元・福島の春の食材を使った家庭的で健康的なお料理を振舞っていただきました。

ご用意いただいたのは、デザートも含め、なんと12品!
会津地方のみで生息しているという希少な会津地鶏を使った唐揚げ、フルーツのように甘く、香り豊かな郡山の「御前人参」、会津の伝統野菜・荒久田茎立(菜の花のような風味の茎立菜)を使った「荒久田茎立のじゅうねんまぶし」…すべてが福島県産というこだわりぶり。
ちなみにじゅうねんとはエゴマのこと。食べ続けると10年長生きする(ほど身体にいい!)、といういわれから、福島の地方ではそう呼ぶのだそうです。食感はプチプチとしていて香ばしかったです!

本田さんは震災後、復興を願った「ふくごはん」というサイト(http://fuku-gohan.net/)で福島の食材を使ったレシピを掲載しているのですが、自ら生産者さんの元へ赴き、取材をたくさんしているため、食材ひとつひとつ、素材の味だけではなく、生産者の顔や苦労、食材の旬や育ち方、その食材の活かし方を本当によく知っていらっしゃいました! 

フレーズのランチ会を通してこういった料理家さんの活動が、震災後の復興や、福島県や地方のPRにつながればいいな、と思います。




【気になるメニューはこちら↓】
〇会津地鶏の唐揚げ 芽キャベツ
〇車麩としいたけの煮物
〇荒久田茎立のじゅうねんまぶし
〇春菊とあんぽ柿の和え物
〇プチトマトのピクルス
〇パプリカの塩きんぴら
〇打ち豆の長芋ポテトサラダ
〇卵焼き
〇御前人参のふきのとう味噌
〇コシヒカリ
〇芋がらと凍み豆腐のお味噌汁
〇イチゴのセミフレッド ルバーブのジャム




Photo by Taku Fukuoka

<本田よう一さんプロフィール>
1983年生まれ。福島県泉崎村出身。東京在住。高校を卒業した後、栄養士の専門学校に進み、栄養士の免許を取得。料理写真専門のフリーカメラマンを経て、2006年からは料理家として仕事を開始。毎週木曜日に更新するコラム「ふくごはん」で福島の食材を使った様々なレシピを掲載。テレビ、新聞、ラジオなど地元メディアでも活躍する。現在都内@フレーズで料理教室「クックパッド×プロのレシピ」を定期的に開講中。野菜をたっぷり使い、素材の味を活かしたレシピを得意とし、家族みんなで楽しめる味付けに定評がある。

「ふくごはん」http://fuku-gohan.net/
「料理教室のご案内」https://cookpad-cooking-school.com/schools/10385